WEDDABROAD

世界中のカップルのリアルウェディング&ラブストーリーが読めちゃう!

Photo:Maëlick

なぜ「タツノオトシゴ」は幸運のシンボルと呼ばれているの?結婚式にもピッタリなそのワケ

Categories: インスピレーション&アイデア | Tags: , | by

タツノオトシゴが幸せのシンボルと言われていることをご存知でしょうか?
タツノオトシゴと言えば、海にいる小さくて細長く、口元がとてもかわいらしい魚です。そんなタツノオトシゴが幸せをもたらすと言われる理由がいくつかあります。

そこで今回は、タツノオトシゴが幸運と呼ばれている理由をご紹介いたします。

タツノオトシゴが幸運のモチーフとなる理由

1,タツノオトシゴの容姿

seahorse
Photo:Jon Bragg

天に向かっているような姿は、昇り竜のようで幸福をもたらすと昔から言われています。

2,タツノオトシゴの純愛プロポーズ

情熱的なダンスを踊りながら、メスのタツノオトシゴに求愛するオスのタツノオトシゴ。メスがOKサインを出すと、しっぽを絡ませながら、タツノオトシゴは独特のダンスを始めます。

2匹のタツノオトシゴは、なんと体の色まで変化させ、求愛ダンスを踊り、なんと3日もそのダンスを続けると言われいます。その後、メスがオスのお腹に卵を産みつけて、オスが子どもを産んでいきます。卵を産みつける際に、寄り添ったオスとメスの2匹向かい合い抱きつく姿は、ハート型に見えるため、恋愛のシンボルとされているのです。

このような長い時間をかけて行われる求愛ダンスは、純愛そのものです。

[ スポンサードリンク ]

3,タツノオトシゴの出産

オスはメスから授けられた卵をお腹の中で大事に育てて、出産していきます。見た目もぽっこりとしたお腹に変化していき、本当に妊娠している様子が見ることができます。
このことから、昔からタツノオトシゴは安産のシンボルとして大事にされてきました。

4,タツノオトシゴから生まれてくる子どもたち

なんと、一回の出産で生まれてくる子どもは千匹以上と言われていて、子宝を象徴するものとなっています。

また、タツノオトシゴは一度くっついたカップルはその後もパートナーをかえることなく、同じカップルと何度も結ばれ、出産を繰り返していきます。そのため、夫婦円満のシンボルともされています。

このような理由から、タツノオトシゴは昔から幸福や子宝、夫婦円満などの意味を持った幸せをシンボルにする魚として昔から言い伝えられてきました。
今では、これらの理由がもとで、可愛くおしゃれなタツノオトシゴをモチーフにしたウエディングアイテムがたくさんつくられています。

タツノオトシゴを使った演出アイデア

人気のビーチウエディングや海をイメージした結婚式には、特にぴったりのタツノオトシゴ。ウエルカムグッズとして、タツノオトシゴをモチーフにしたアイテムを飾るととても華やかになります。

また、ペーパーアイテムにも欠かせません。そして、ウエディングケーキのトッパーとして、タツノオトシゴをデザインするのが、とても人気となっています。デザートビュッフェにタツノオトシゴをデザインしたアイシングクッキーを置くのも可愛いですね。

まとめ

幸せのシンボルとなるタツノオトシゴは、結婚式にはピッタリです。見た目もキュートな姿なので、飾りつけやテーマなど、いろんなアイテムに取り入れてみると良いですね。

Follow Us