WEDDABROAD

世界中のカップルのリアルウェディング&ラブストーリーが読めちゃう!

婚約パーティー(エンゲージメントパーティー)ってどんなもの?

婚約パーティー(Engagement Party)とは、カップルが婚約したことを祝うために開くパーティーのことです。婚約パーティーは家族や友人に婚約したことを正式に発表する場であり、彼らがお互いに顔合わせすることができる機会でもあります。日本では結納がありますが、最近では結納の代わりに婚約パーティーを開くカップルもいるようです。

婚約パーティーと聞くと日本ではセレブなイメージが強いかもしれませんが、欧米ではカジュアルなものも多く、一般的に行われています。地域によって差はあるものの、アメリカ北東部、特にニューヨーク近郊で最も多く行われています。このパーティーは必ずしも行わなければいけないわけではなく、行うかどうかは任意で決めることができます。

歴史

婚約パーティーはもともと、花嫁の父親が娘の婚約の発表を行うため、サプライズで開かれたパーティーが起源とされています。招待されたゲストは婚約パーティーだと事前に知らされていないので、贈り物を持参するのは一般的ではありませんでした。

現代では招待されたゲストは事前に婚約パーティーだと知ることができますが、婚約パーティーでゲストが贈り物を渡すのはあまり一般的ではありません。

[ スポンサードリンク ]

誰が主催するの?

婚約パーティーは伝統的に花嫁の両親が主催しますが、最近ではカップル自ら主催することも多いようです。また友人や親類が主催をしても良いようです。

もし複数の人が婚約パーティーを主催してくれる場合、複数のパーティーに参加したいところですが、同じメンバーの場合2回以上行う必要はありません。違うグループであるならば、例えば友人と家族でそれぞれ1回ずつ行うなど選んでも良いでしょう。

いつ行うの?

婚約パーティーは婚約後、数ヶ月以内に開きます。婚約からあまり期間を開けない方がよいです。婚約~結婚式の準備が始まる前あたり、さらに結婚式より9ヶ月以上前が理想的です。

日本で結納の代わりに婚約パーティーを開く場合は、従来結納や顔合わせを行うであろう、結婚式より6ヶ月前を目安に行うのが理想的です。

どこで行うの?

欧米ではたいてい花嫁の自宅、もしくは友人宅などで行われます。日本ではホテルやレストランが多く利用されているようです。

誰を招待する?

家族や親しい友人、知人などを招きます。このパーティーで、まだお互い合ったことの無い両家の両親や、友人同士が顔合わせできる良い機会になります。

この際、欧米ではエチケットとして、結婚式に招待する予定のある人を招くようになっています。婚約パーティーに招待された人は、必然的に結婚式にも招待されるだろうと思うので、なるべく結婚式に招待する予定のある人を招くようにしましょう。ただし結婚式まで長期間があり、招待するゲストが決まっていない場合などには、そこまで重視する必要もないようです。

どんなパーティー?

パーティーはフォーマルなものからカクテルパーティーなどのカジュアルなパーティーまで、自分の好きなように行えます。結婚式のイメージがあるならば、それに合わせたスタイルのパーティでも良いですが、全く異なったスタイルのパーティーでも問題ありません。

服装はフォーマルなパーティーの場合はドレスやスーツ。カジュアルなパーティーの場合は、きれい目のワンピースなどのカジュアルな服装でOKです。

パーティーでは婚約を発表し、お互いの家族や友人を紹介します。お祝いの言葉をもらったり、食事やお酒を飲んだりします。場合によってはケーキを用意することもあります。

まとめ&ポイント

欧米の婚約パーティーと日本の婚約パティーでは行われ方が異なっています。
日本で行われる婚約パーティーでは、日本の結納をミックスしたようなスタイルで、婚約指輪や記念品の交換なども行われています。

Tags:

Follow Us