WEDDABROAD

世界中のカップルのリアルウェディング&ラブストーリーが読めちゃう!

人気の「ウェディングケーキ」のタイプと飾りつけ

ウェディングケーキは、レセプション(披露宴)で振舞われるケーキのことです。18世紀のイギリスでバターケーキにマジパンが被せられ、レースのような装飾をしたことから「花嫁のケーキ」と呼ばれ、徐々にそれがウェディングケーキと呼ばれるようになりました。

ウェディングケーキには、1段でスクエアタイプのアメリカ方式と、3段のイギリス方式、フランスのクロカンブッシュなどがあります。日本はイギリス式にちなんで3段のものが一般的でしたが、近年はスクエアタイプのウェディングケーキも増えているようです。

西洋では、ウェディングケーキの3段目はカットして当日来てくれた人に配り、2段目は当日来れなかった人たちにお祝いのお返しとともに配り、1番上の段は新郎新婦が冷凍庫で厳重に保管しておき、第一子誕生の時、もしくは1年目の結婚記念日に食べるのが風習と言われています。

また日本ではケーキカット用にセレモニー用のイミテーションケーキを使うことも多いですが、海外では一般的にシュガーケーキなどの食べられるケーキが主流となっています。日本でも最近はイミテーションケーキよりもフレッシュケーキを使う場合が増えているようです。

人気のウェディングケーキの種類

生ケーキ(フレッシュケーキ)
実際に食べられるケーキ。ケーキカットの後、実際にゲストに振舞われます。ファーストバイトをしたい方にオススメ。

イミテーションケーキ
ケーキカットをする部分だけ本物のケーキで、他は食べられないケーキ。高さを出すのに最適。

シュガーケーキ
イギリス伝統のケーキで、硬く焼いたフルーツケーキをシュガーペーストでコーティングしたもの。

バタークリームケーキ
バターと砂糖を混ぜたクリームでデコレーションしたケーキ。日本ではあまり見かけませんが、海外では今でも人気です。

チョコレートケーキ
一昔前まではグルームズケーキに使われることが主流でしたが、近年ウェディングケーキに用いるカップルが増えてきました。

ネイキッドケーキ
2014年から海外で人気急上昇の「Naked cake=裸のケーキ」。表面にクリームを塗らないスポンジむき出しでフルーツや花を飾ったケーキ。

カップケーキタワー
カップケーキをタワーのように積み上げたウェディングケーキ。ゲストに配りやすく、海外ではとても人気です。

クロカンブッシュ
フランスの伝統的なウェディングケーキで、シュークリームをタワー状に積み上げ、キャラメルでコーティングしたもの。見た目もかわいく個性的。

[ スポンサードリンク ]

ケーキカット

ケーキカットは、新郎新婦がウェディングケーキをカットする演出です。古代ローマ時代から始まり、現代に至るまでに徐々に発展してきました。元々は花嫁が一人でゲストにケーキを配るためのものでしたが、ケーキが大きく豪華になるにしたがって新郎の助けが必要となり、現在のような二人でカットするスタイルに進化していったようです。

ケーキカットは新郎新婦の最初の共同作業でもあり、絶好のシャッターチャンスでもあります。祝福してくれた方々へ幸せのおすそ分けという意味も込められています。

ウェディングケーキの装飾

ウェディングケーキには美しく見せるために様々な装飾が施されています。古くからは、ウェディングケーキの上にケーキトッパーと呼ばれる新郎新婦の模型を飾るのが一般的でしたが、その他にも花やフルーツ、愛の象徴であるハトを象ったものなど、様々な装飾が施されるようになりました。

ケーキトッパー

wedding_cake02
PHOTO: Julie Knapp

ウエディングケーキトッパーはウェディングケーキのトップに置かれる模型のことです。一般的に新郎新婦を象徴するように、ウェディングドレスやタキシードなどの正装のものが多いです。 1950年代のアメリカの結婚式では最も一般的なものでした。

現在のウェディングでは再び人気が集まり、リバイバルでウェディングケーキにウェディングトッパーを飾るのが人気となっています。

ケーキトッパーは陶器製のものが多いですが、木製やプラスティックなどの人形を使ったり、マジパンなどでできている食べられるものまで様々です。近年では2人のパーソナルがわかるようなスタイルが好まれ、ユーモアや個性に富んだケーキトッパーが使われています。

ケーキトッパーは新郎新婦の模型タイプのものから、2羽のハトを象ったもの、さらには2人のイニシャルモノグラムを使ったものまで、様々な種類ものが出てきています。

まとめ&ポイント

披露宴で大きな演出ポイントとなるウェディングケーキ。ケーキのデザインはウェディングテーマやカラーに合わせたり、ゲストの数や予算と照らし合わせて決めると良いでしょう。理想のウェディングケーキを選んで、ステキな演出になるといいですね。

Tags:

Follow Us