WEDDABROAD

世界中のカップルのリアルウェディング&ラブストーリーが読めちゃう!

カトリックのウェディング

カトリックについて

ローマ・カトリック教会はキリスト教から派生した宗教で、バチカンのローマ法王を中心とし、信徒は世界中に約9億人います。ヨーロッパや中南米に多い宗教です。
カトリックでは離婚を認めないので、基本的には死別以外で再婚の挙式ができません。

伝統的なカトリックの挙式

カトリックの挙式の場合、司祭と呼ばれるオフィシエントが挙式を執り行います。新婦はウェディングドレス、新郎はタキシードの衣装で、2人は司祭の前で結婚の誓約をします。

ウェディング・プロセッショナル(入場)の順番

カトリックの場合、母親はプロセッショナルには参加せず前列の座席に座っています。プロテスタントより短いのが特徴です。

オフィシアント
サイドドアから入り祭壇で待機しています。
新郎とベストマン
オフィシアントの後、同じサイドドアから入り祭壇で待機しています。(ベストマンがメイド・オブ・オナーをエスコートする場合は新郎だけ入場します。)
グルームズマンとブライズメイドたち
グルームズマンがブライズメイドをエスコートしてバージンロードを通り、祭壇で新郎新婦から最も遠いところから並んでいきます。
メイド・オブ・オナー
一人、もしくはベストマンにエスコートしてもらってバージンロード通り、新婦の横に立ちます。
リングベアラー
一行が所定の位置に着いたら、一人、もしくはフラワーガールとバージンロードを通ります。
フラワーガール
リングベアラーのすぐ後、もしくはリングベアラーと一緒にバージンロードを通ります。
新婦と新婦の父親
最後に新婦と新婦の父親がバージンロードを通ります。父親は右側、新婦は父親の腕を組み左側を歩きます。

サイドドアが無い場合は、オフィシアント、新郎、ベストマン、グルームズマンたちはバージンロードを使用します。

[ スポンサードリンク ]

挙式の流れ

順番は変動しますが、一般的に以下のことが含まれています。

  • ウェディング・プロセッショナル
  • 聖歌、礼拝の歌
  • 開会の言葉
  • 祈祷
  • 聖書の朗読
  • 誓いの言葉
  • リング交換
  • ユニティキャンドルの点灯
  • 結婚宣言
  • コミュニオン
  • 閉会の言葉
  • 誓いのキス
  • ウェディング・レセッショナル

ウェディング・レセッショナル(退場)の順番

新郎新婦が会場から退場する際に、参席者によってライスシャワー、フラワーシャワーなどが行われることもあります。

新郎と新婦
新郎の左に花嫁が歩いて退場します。
メイド・オブ・オナーとベストマン
ベストマンがメイド・オブ・オナーをエスコートして退場します。
ブライズメイドとグルームズマン
グルームズマンがブライズメイドをエスコートして退場します。その後、グルームズマンはゲストをエスコートするために戻ります。
フラワーガールとリングベアラー
フラワーガールとリングベアラーが退場します。

Tags:

Follow Us