WEDDABROAD

世界中のカップルのリアルウェディング&ラブストーリーが読めちゃう!

プロテスタントのウェディング

PHOTO: surrealis_uk

プロテスタントとは、カトリックと同じくキリスト教から派生した宗教で、16世紀の宗教改革で衰退した教会に抗議したことからプロスタント(プロテスタントは抗議の意味)と呼ばれるようになりました。ヨーロッパやアメリカに多い宗教です。

伝統的なプロテスタントの挙式

プロテスタントの挙式の場合、牧師と呼ばれるオフィシエントが挙式を執り行います。(神父と祭司は同じ聖職者で、宗派によって呼び名が違います)新婦はウェディングドレス、新郎はタキシードの衣装で、2人は牧師の前で結婚の誓約をします。

ウェディング・プロセッショナル(入場)の順番

カトリックの仕様に似ていますが、プロテスタントのウェディング・プロセッショナルは新郎新婦の母親が含まれています。

新婦の母親
バージンロードを通り、新婦の兄妹もしくはアッシャーにエスコートされて座席に着席します。
新郎の母親
続いて新郎の母親がアッシャーにエスコートされて座席に着席します。
オフィシアント
母親たちが着席した後、サイドドアから入り祭壇で待機しています。
新郎とベストマン
オフィシアントの後、同じサイドドアから入り、祭壇で待機しています。
グルームズマンたち
同じくサイドドアから入場するか、またはブライズメイドをエスコートしてバージンロードを通ります。
ブライズメイドたち
ペアで入場し、バージンロードを通って祭壇まで歩き、新婦から遠いところから並んでいきます。もし割り切れない人数の場合、奇数の人が1人で入場するか、グルームズマンとペアになりエスコートしてもらいます。
リングベアラー
一行が所定の位置に着いたら、一人、もしくはフラワーガールとバージンロードを通ります。
フラワーガール
リングベアラーのすぐ後、もしくはリングベアラーと一緒にバージンロードを通ります。
メイド・オブ・オナー
一人でバージンロードを通って祭壇まで歩き、新婦の横に立ちます。
新婦と新婦の父親
メイド・オブ・オナーが所定の位置にした後、新婦が父親にエスコートされてバージンロードを通ります。

サイドドアが無い場合は、オフィシアント、新郎、ベストマン、グルームズマンたちはバージンロードを使用します。

[ スポンサードリンク ]

挙式の流れ

順番は変動しますが、一般的に以下のことが含まれています。

  • ウェディング・プロセッショナル
  • 賛美歌
  • 開会の言葉
  • 祈祷
  • 聖書の朗読
  • 花嫁授与
  • 誓いの言葉
  • リング交換
  • ユニティキャンドルの点灯
  • 結婚宣言
  • コミュニオン
  • 閉会の言葉
  • 誓いのキス
  • ウェディング・レセッショナル

カトリックとの違いは、花嫁授与という項目があることです。花嫁授与は結婚式で新郎新婦の両親が関与する重要な場面です。

花嫁授与は、オフィシアントが新婦の父親に「誰がこの男性に、この女性を結婚することを与えますか?」と質問し、新婦の父親は一歩前進して、「Yes, I do.(はい、します。)」 もしくは、「Her mother and I do.(彼女の母親と私は、します。)」と答えます。この儀式は古い伝統のもので、昔は女性は結婚するまで父親の所有物で、結婚式で新郎に与えるという考えから由来しています。現在ではそのような考え方は無くなりましたが、両親への感謝を示す重要な伝統儀式です。

ウェディング・レセッショナル(退場)の順番

お開きになった後、両親は他のゲストと一緒にすぐに退席します。新郎新婦が会場から退場する際に、参席者によってライスシャワー、フラワーシャワーなどが行われることもあります。

新郎と新婦
新郎の左に花嫁が歩いて退場します。
フラワーガールとリングベアラー
フラワーガールとリングベアラーが退場します。
メイド・オブ・オナーとベストマン
ベストマンがメイド・オブ・オナーをエスコートして退場します。
ブライズメイドとグルームズマン
グルームズマンがブライズメイドをエスコートして退場します。その後、グルームズマンはゲストをエスコートするために戻ります。

Tags:

Follow Us